読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この本、良かった。

ただひたすら、読んだ本を褒めるブログです。

ビジネスにはグレーゾーンが多い現実…

日々考えている事 広告

社会人6年目にして、ビジネスとはグレーゾーンばかりだな・・・と言うことがだんだん分かってきました。

私は頭が硬く真面目な性格だったので、社会人になってからは、大人ってなんて汚いんだ・・・とか、こんな方法でお金儲けていて良いの?なんてよく思っていました。。

でも、結論から言うと、良し悪しは置いといて、グレーゾーンがあって世の中が成り立っているんだと言うことがなんとなく理解できてきました。

正しい事だけを追求していると、世の中に怒ってばかりになってしまいます。排他的な考えになりすぎると戦争になってしまいますからね。

例えば、占いなんかはまさにそうですよね。

占いは客観的に見れば、きわどい商売に見えなくもありません。

根拠がない事を伝えて、お金を頂いている訳なので。

でも、占いが大好きな人はいますし、占い師の助言を聞いて幸せを感じている人が多いのも事実です。会社の経営者にも占い好きの人が一定数いるという話も聞きますし、彼らは占いによって心の安心を得ている場合もあるでしょう。

もちろん、占いで生計を立てている占い師は世の中にたくさんいます。

また、ダイエット商品もそうですね。

結局ダイエットは、消費カロリー>摂取カロリーになっていれば痩せます。なので、腹持ちが良くてカロリーが低くて、そこそこ健康的な成分が含まれていれば、ダイエット商材になりえます。

それをパッケージや広告宣伝方法によって、高額で販売している商品もある訳です。

でもそれでダイエットを始めるきっかけになったり、ダイエットが成功する人もいるので、幸せになる人はいるのでしょう。

変わった所では探偵業もそうです。

探偵業の仕事の約8割は浮気調査らしいです。つまりそれだけ浮気調査をしたい人がいるから仕事が成り立っている訳ですね。

浮気調査をして浮気が本当であれば、そのカップルや夫婦は修羅場になる事は避けられないでしょう。

つまり角度を変えた見方をすれば、修羅場を作る手伝いをしている訳です。

もちろん、それで幸せな人生を歩むきっかけになる人もいると思います。

 

何が言いたいかと言うと、世の中へ正しさを追求しすぎて真面目に考えすぎると生きにくいと言うことです。人によっては心を病んでしまうでしょう。

もちろん仕事をする上では、誠実さは必要であると思いますし、真面目な事は良いことです。

自分の仕事を通じて人の幸せを提供すると言う考えは持っていた方が、仕事を楽しく出来ますし、気持ちいいのは間違いないです。

ただ、これはこうでなきゃいけないとか、綺麗なこと以外は絶対にしたくないとか、そういう気持ちが強すぎると、職種によってはやっていけないのかな…と。

人によって考え方が違うのも事実なので、自分なら絶対に買わないなと思う商品やサービスでも、購入したい人がいるかもしれない。くらいのある程度柔軟な考えを持たないといけないのでしょう。