読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この本、良かった。

ただひたすら、読んだ本を褒めるブログです。

『7つの習慣 人格主義の回復』 著書:スティーブン・R・コヴィー

ビジネス本 サラリーマン・組織 生き方

自己啓発と言えばこの本・・・!と言われるくらい有名で人気なのが7つの習慣です。

成功者と呼ばれる方の多くがこの本を読んでいるとか。

私はビジネス本でおすすめしたい本は?と言われたら、間違いなくこの本を真っ先におすすめしたいと思います。

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

 

その理由は、私の経験からですが…。

この7つの習慣を実践していくと「世の中にとって、存在して欲しい人」が完成するんですね。

自分だけ成功するのって、手段を選ばなければ意外とできてしまうかもしれません。しかし、誰かの足を引っ張ったり、あまりにも迷惑をかけ続けていれば、誰にも応援されなくなり、それは短期間の成功になってしまうでしょう。

それって成功したかもしれないけど幸せなの?とも思ってしまいます。

7つの習慣で有名なのは、Win-Winの関係を築くと言う事ですね。

自分だけではなく、周囲と一緒になって成功すること。共存共栄であること。私的な成功ではなく公的な成功が大事だと言うことです。

私は以前、仕事でとにかくお金を稼ごうと考えていた時期がありました。アメリカのダイレクトマーケティングの考えなどにハマり、本質よりもテクニックで商品を販売することに魅せられていました。

しかし、商品はどんどん売れるようになる一方、心がとにかく疲れていったのです。世の中の全てを儲かるか、儲からないかで見てしまうようになってしまい、また、世の中の人は全て嘘をついているかのような感覚にもなり、人間関係も上手くいかなくなり、鬱のような状態になっていました。心から笑えることがなかったと思います。

それはおそらく公的成功ではなく、私的成功を目指していたからだと思います。Win-Winではなく、Win-loseだったのです。

そんな人は世の中には必要とはされにくいですよね。すると自分が嫌いになり、ハッキリ言って幸せを感じる事はありませんでした。

 

なので、本当に幸せを感じる成功をしたいのであれば、7つの習慣を参考に、周囲と共存しながら公的に成功するしかないのではないかと思ったのです。

表紙のスティーブン・R.コヴィーさんは、本当に素敵な笑顔をしていますよね!

公的に成功しているというか、世の中の役に立っていると感じたり、誰かを幸せにしていると感じたりしている時にこそ、こういった素敵な笑顔が出せるのだと思います。