読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この本、良かった。

ただひたすら、読んだ本を褒めるブログです。

『たくましい人』 加藤諦三

心理学

人の一生はトラブルの連続である

誰でも充実した人生を送りたいと思う。生きがいのある平穏な人生を送りたいと思う。人とのいさかいを好む人は居ない。誰でもトラブルは望まない。

しかしそれにも拘らず人の一生はトラブルの連続である。平穏な人生を望みながらも、いさかいは絶えない。

たくましい人 (PHP文庫)

たくましい人 (PHP文庫)

 

私は加藤諦三さんの本をおそらく30冊以上は読んでいますが、この本が最も好きな本かもしれません。

それは、このトラブルだらけの世の中で、どういう心構えで生きていけば良いのかを学ぶ事ができたからです。

若い頃はつい理想を追い求めてしまいます。でも、現実には上手くいかない事も多い。年齢を重ねるに連れて、仕事で出世したり家族が出来たりと、責任が増える事も多いです。

トラブルがなく、生きていくことはできないのです。その中で生きる事ができる人が「たくましい人」だと加藤さんは言います。

この本は、トラブルだらけの世の中で、生きていく為のヒントを得たい方におすすめの本だと思います。

自分を守るのは自分しかいない

この世の中には誰も守ってくれない種類のトラブルが沢山ある。それが現実の世の中である。そしてそれは自分が解決しなければならない。誰も助けてくれない。

だいたいトラブルの相手はずるい人であるから、誠実な人の方が悪い人に仕立て上げられていく。このような場合には普通の人は消耗して病気になることもある。ストレスに負けるのである。恥知らずの方は消耗しないから元気である。

トラブルを起こすような人は、相手の事を考えていません。だから約束を守らないし、人を傷つける事を平気でします。

誠実な人は相手の事を考えたり、約束を守り、人を傷つけないので、どうしても割を食ってしまう場合が多いように思います。

本当に理不尽だとは思いますが、それは現実にあるものとして受け入れ、この世の中で生きていくには、自分で自分を守る覚悟が必要です。

 

この本の中には、トラブルを正面から受け止め、解決する為の名言が沢山書かれています。

・自分を守る為に、たくましい人になる。

・こういう時にはこうして乗り越える。と言う知恵を学ぶ。

・自分にはこんな執著があるのだと気付く。

・悪いこともいいよ、おいで。何かトラブルは起きた方が良い。

・あっちもこっちもトラブルだらけの時には、「私は、今揉まれている、磨かれている」と思うこと。トラブルで磨かれなければ輝かない。

・トラブルが起きているのに、生活をちゃんとしている人がいる。それがたくましい人。「よくそうしていることができるね」と思われるほど平静でいられることである。

・試しに今が一番良いと思ってみる。

・強い立場の者から痛めつけられて、もだえ苦しんだ体験が本当にたくましい人を作る。

・そうした地獄の体験をした人は顔が違ってくる。憎しみや恨みの感情に耐えて乗り越えた人の顔は違う。

・苦しみを乗り越えた人の顔は引き締まっている。顔の奥が輝いている。それがたくましい人である。

・若い頃に苦労をして強くなることが、その人のその後の人生にどれだけプラスになるか分からない。

・普通ならとっくに死んでいるよと言われるような体験の連続の中でも、平気で笑って生きている人がいる。それがたくましい人である。

・現実の世の中で起きたトラブルに対して「解決に動く」、それが修行である。

・この現実の世の中で、楽しく生きようとすることが修行なのである。

・自分の力でトラブルを解決した。それが自信になる。

・この現実の世の中は、妬みとひがみと情緒的未成熟の海である。その世界で人から嫌がらせをされつつ自分を見失わないで生きるように努めることが修行である。

・戦うべきときに戦うということである。

トラブルなどの嫌な事から逃げるのではなく、真っ向から解決に向かう事で、エネルギーが湧き、実際に解決出来る事で本当の自信が付くのだと加藤さんは言います。

私は、人が次々に不幸になる環境など、本当にどうしようもない時は、逃げた方(環境を変えた方)が良い時もあると思いますが、この考えを知ってから、出来るだけトラブルは解決しようと心がけるようになりました。

トラブルを解決出来れば出来るほど、本当の自信が付くと思ったからです。

「悪いこともいいよ、おいで」と、思うようになりました。

周囲にいる「この人は頼れる人だ」と言う人も、数々のトラブルを乗り越えた経験がある為、自信が漲っているようにも思います。

そういう人達は、トラブルが起きた時も、真っ向から向かい解決していったのではないかと思います。

しぶとく、かつやさしい人になれ

あまりにも望ましい環境の中で生きている人の中には、たくましい人はいない。私はそう思っている。

何故なら人は鍛えられて初めてたくましくなるからである。気を失いそうな悔しさに耐えて、人はたくましくなっていく。

本当にたくましい人とは、どのような種類のトラブルにも、どのような種類のストレスにも、どのような種類の失敗にも、どのような悔しさにも、決して負けない人である。

順境は心地いいですが、確かに鍛えられるかというと、そうではないかもしれません。

たくましい人とはやさしくてもこの世俗の中で生きていられる人である。

私は周囲から優しいと言われる事がありますが、どんなストレスの中で生きていけるほど、まだ強い訳ではありません。そういう時、優しい状況でいるのは難しいです。

強くたくましく、やさしい人。私もそういう人を、目指しています。

たくましい人 (PHP文庫)